Our Vision

our
VISION

「信頼」をベースに発展する会社を応援し、
日本経済を元気にする

信頼こそが未来への道を拓いていきます。
私たちは、会社の信頼性確保に尽力して
信頼をベースに未来を切り拓く会社を応援し、日本経済に寄与します。

our
CREDO

「会計倫理」を伝えていきます

ビジネスに限らず、人は「会計」でお金を管理し、未来の設計を立てます。会計には「公正であること」「明瞭であること」という倫理があり、これを曲げることは、未来を曲げることに他なりません。私たちは人々の未来、会社の未来、社会の未来のために、関係するすべての人に会計倫理を伝えていきます。

監査は「課題発見型」で行います

監査においては、ルールを守る番犬型ではなく、成長に役立つ課題まで発見する狩猟型で行います。そのためには会社に合わせたカスタマイズを行い、スピーデイにきめ細かく対応します。会計基準、監査基準等の遵守においては、義務論ルール思考だけでなく、目的論思考を追随させます。私たちは、社会への意見表明において、その会社が信頼できるか、できないかの判断は決して誤りません。

「専門性と人間力」の向上に努力します

クライアントとの関係においても法人内においても、信頼されることが重要です。そのために専門性とともに人間力を高め、常に公明正大であり、大所高所から物事を考える人物を目指します。信頼関係は、信頼することと、信頼されることの両面で成立します。心眼を養い、相手を信頼する力も高めていきます。

*故川北博先生は著書「新潮流 監査人の独立性」の中で義務論ルール思考と目的論思考のバランスの重要性を説き、「監査人の責任はルールに基づく義務を果たせば完結されるのではなく、監査の目的(Public interestに対する奉仕)を満足させる結果を目指さなくてはならない」と述べています。当法人はこの精神を継受して「課題発見型監査」を進めてまいります。